かみ合わせ

かみ合わせ

かみ合わせの悪さが原因で起こる症状は様々です。
顎関節にあらわれる

・顎がカクッとなる。
・顎を大きくあけると耳の前が痛む。

  首筋肉にあらわれる

・お口を大きく開けづらい
・固いものをかむと痛む
・首・肩がこる
・頭痛

歯にあらわれる
・冷たいもの・温かいものがしみる
・かむと痛む
・歯が抜いた感じ
・歯が割れた
・歯周病の局所的に急速な進行
・歯がスリ減る
・前のさし歯がよく外れる

これらは目にみえない「力」が原因です。
診断も困難な上、一度病状が進行すると治癒が期待できないこともあります。
歯並びや、顎の位置が原因になることが多く治療には矯正治療を伴うことが多いものです。

インプラントの3者比較

例えば歯を失った場合、どの様な方法で歯を入れれば良いのか正しく理解できますか。 各方法のメリット、デメリットをよく理解した上で、ご自分のお口の環境にベストマッチな方法を 選択しましょう。

1.インプラント

永久歯の根の代わりをする「ネジ=人工歯根」を骨に埋め込み、この人工歯根を土台にして歯をかぶせる方法。

インプラント
○メリット ○デメリット
・自分の歯と同じように噛める。
・周りの歯に力の負担をかけない。
・両隣の歯を削らなくてよい。
・保険適応外 自費治療。
・治療期間がかかる。

2.ブリッジ

欠損部の周囲の歯を削って、人工歯をつくる為に橋渡しをする形で冠をかぶせる方法。固定式。

ブリッジ
○メリット ○デメリット
・自分の歯と同じように噛める。 ・周囲の歯が健康な状態でも削る。
・欠損部にかかる力は周囲の歯で負担する為、支えになっている歯が悪くなる可能性がある。
・冠がつながっている為、清掃しにくく不潔になりやすい。

3.部分入れ歯

欠損部に対し、取り外し式の義歯で回復する方法。

部分入れ歯
○メリット ○デメリット
・とりあえず歯が入る ・周囲の歯が健康な状態でも削る。
・自分の歯と同様には噛めない。
・残っている歯に力の負担がかかり、特にバネがかかる歯は不潔になり、悪くなる傾向が強い。
・異物感がある。

どの方法を選択するにしても、その歯が欠損に至った原因を無視して、歯を入れる事だけを先行しても成功しない。
虫歯なのか、歯周病なのか、かみ合わせなのかをきちんと解決した上で計画的に治療することが大切です。
また、デメリットに対するアフターフォロー(定期健診など)を行わないと残っている歯は決して長期健康維持できるとはいえないでしょう。

このページの先頭へ戻る


姫路市の歯科・歯医者はデンタルオフィスおかもと歯科まで。 審美歯科、ホワイトニング、インプラント。
Copyright (C) 2007 Dental office Okamoto. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】