ブログ

blog

2020/11/19
歯の寿命をのばす予防歯科

神経治療した歯が、長持ちしない3つの理由

「歯の寿命をのばす予防歯科」を実践する姫路市飾磨区のおかもと総合歯科です。

前回の復習です。

「神経を取った歯の銀歯」は歯の寿命を迎える一歩手前の状態であることを説明しましたね。

虫歯治療で「歯の神経を抜く」ことは、ごく当たり前のように思われるかもしれませんが、

痛みから解放される反面、歯の寿命は一気に最終ステージへ進みますので

「痛みが出るまで、進行させちゃダメダメ!」ということですよ。


今回は、「歯の神経を取ってしまうと、その後どんなトラブルが起こるのか?」についてお話します。

トラブル① 毎日の噛む力で、ある日突然「根」が割れる

トラブル② かぶせ物の中で虫歯になり、「根」が腐ってしまう

トラブル③ 「根」の中の深いところで、ばい菌が悪さをして、骨が膿んでしまう

これらのトラブルはどれも、治療しても回復不可能な場合が多いので「抜歯」となるケースです。


神経を取った後の「銀歯」はたくさん削られた後なので、実はもともとの歯の部分はあまり残っていません。

だから、何度も治療を繰り返すことができない事も以前お話ししましたね。

神経を取って、「痛み」を感じないので虫歯の進行にも気づかないでしょう。

もう、寿命を待つだけなの?とあきらめないで!

「虫歯」をつくらないために出来ることがあります。⇐ 日頃のお手入れと食習慣

「虫歯」になっても早期であれば治療できるかもしれません。⇐ 定期的な予防プログラムでの来院

「歯の寿命をのばす予防歯科」では、少しでも長持ちさせる方法を一緒に取り組んでいきます。

次回は、今回のトラブル①について「かぶせ物で治療しても、また虫歯になるの?」について

詳しく説明しますね。


back to list